top of page

キャッチコピー&告知文を変身させて

出会い 〜 信頼 〜 お申し込み までをもっとエレガントに♪

売上がぐんと伸びる!

キャッチコピー&告知文1DAYコンサル

​あなたのサービスの「キャッチコピーと告知文」

ちょっと残念な文章になっていませんか?

pixta_29156945_S_edited.png

売れている誰かのキャッチコピーや告知文を、見よう見まねで書いてみたけど、売れた手応えが感じられない・・・

センス?文才?

いくら考えても自分では、いいキャッチコピーや告知文が思い浮かばない・・・

もしかして、本当に売れる「キャッチコピー&告知文」の書き方を知らないまま、何年も売上を逃してきてしまったのではありませんか?

本当に売れる「キャッチコピー&告知文の書き方」を身につけると、

あなたが理想とするお客様と

確実に「出会える」ようになり、

一瞬で信頼」されるようになり、

迷わず「お申し込み」されるようになります。

ちょっと残念な「キャッチコピー&告知文」には、

つの傾向があります。

3つの傾向とは?

​1.あいまい

あなたのキャッチコピーや告知文は、
 

・集めたい理想のお客様像
・あなたサービスの特徴や売り、違い
・どんな価値を得られるのか?
 

が一瞬で伝わるようになっていますか?

多くの方は、キャッチコピーや告知文が
「あいまい」になっていて、届けたい方にちゃんと伝わっていない傾向があります。

2.言葉足らず

キャッチコピーや告知文に書くべき材料集めや書くべき順序などの下準備が十分でなく、自分の言いたいことを言いたい順番で書いてしまい、読む方にとって「言葉足らず」になっている傾向があります。

3.違和感

WEB上であなたのサイトやSNSをみたときと、実際のあなたに会ったとき、キャッチコピーや告知文にお客様が違和感を感じることがあります。

例えば、あなたの性格とキャッチコピーや告知文でチョイスされている言葉があってない時や、外見とサイトの印象にズレがある時、サービスの性質とキャッチコピーや告知文があっていないなど「違和感」があると知らず知らずお客様を逃している可能性があります。

キャッチコピーと告知文が見違える3つ「み」

​つかみ

キャッチコピーの役割は、まさに「つかみ」。

つまりお客様の目に留まり、
一瞬で心をつかむのがキャッチコピーです。

​なかみ

実績や過去の経験などがしっかり伝わると、「お申し込み」の背中を押すことができます。

あたたかみ

何を買うかではなく、誰から買うかが重視される時代。
人柄が伝わることでお申し込みにつながります。

​1DAYコンサルを終えるころには?

・他の誰かには真似ができない、あなただけのポジションが見つかります。

・キャッチコピーが研ぎ澄まされるので、認知されやすくなり、口コミが広まりやすくなります。

 

・一度作ったキャッチコピーと告知文は、ずっと使用できるので、エネルギーがかからず売り上げが安定します。

 

・集客できないからと、パソコンに向かう時間が減り精神的なストレスからも解放されます。

 

・一度覚えたキャッチコピーや告知文の書き方は応用できるので、他のサービスのお申し込みも増えます。

 

・時間にゆとりができるので、お客様の対応などが丁寧にでき、満足度やリピートが増えます。

 

・時間を本当に使いたいことに使えるようになりプライベートが充実します。

さらに、文章のチカラを磨きたいあなたへ

​\5月15日(金)/

ブログ&メルマガ文章特訓1DAY​コンサル

​見込み客が増える!

メルマガ登録が増える!

お申し込みが​増える!

​アクセスアップする!

時短で書ける!

・サービスの告知文
・ブログやメルマガの文章

 

どちらも「ライティング」ですが、厳密には目的が違います。

 

告知文は、「セールスライティング」といって、

・買っていただく
・登録していただく

などのダイレクトに行動を促す文章です。

ブログやメルマガの文章は、「コミュニケーションライティング」といって

・興味を持っていただく
・好きになっていただく
・信頼していただく

などの目的があります。

目的が違えば、「ライティング」の手法も当然違います。

4月と5月の1DAYコンサルを両方参加していただくと、最強のライティングスキルが身につきますよ♪

​1DAYコンサルの詳細

①キャッチコピー&告知文1DAYコンサル
 日時:4月17日(金)10:00〜17:00

②ブログ&メルマガ文章特訓1DAYコンサル
 日時:5月15日(金)10:00〜17:00

場所:星野サロン(東急東横線日吉駅より徒歩2分)
 

※場所の詳細は、ご入金完了後にお知らせします。

 

参加形態:対面でも、ズームでもどちらでもご参加可能です。

 

ご参加条件:すでにお客様に提供できるサービスをお持ちの方
 

※現在サービスをお持ちでない方は、キャッチコピーや告知文が作れませんので、ご参加いただけません。

 

持ち物:筆記用具、パソコン(可能な方)
 

※サロンにWi-Fiがあります。

 

定員:各4名(受付終了)

 

価格:
 

①キャッチコピー&告知文1DAYコンサル 33000円(税込)
日時:4月17日10:00〜17:00

 

②ブログ&メルマガ文章特訓1DAYコンサル 33000円(税込)
日時:5月15日(金)10:00〜17:00

 

③両方に参加する場合 55000円(税込)

​講師プロフィール 星野千加

IMG_5579_edited.jpg

資格をとったのに集客できないカウンセラー、コーチ、セラピストに、「売りこまずに売れるノウハウ」の提供と「長期的に活躍するためのプラットフォームの構築」をサポートする、 起業コンサルタント/心のサンクチュアリ・コーチ。

「売ること」は「愛や喜びや感動、幸せを届けること」を理念に、開業以来5年間で100名以上のカウンセラー、コーチ、セラピストなどの「心の専門家」の起業をサポート、成功させる。 20代は大手化粧メーカーに勤務。美容部員としてデパートのカウンターに立つ傍ら、美意識の高さと接客センスを買われ、社内の美容スタッフ教育担当となる。「商品、サービスの魅力を伝え、人に行動してもらう」ことの楽しさを知り、常に戦略を練り実践。 また、結婚後、娘の小学校受験で無事に合格するも、母としての後悔苦いを活かし、受験を通して親子が共に成長していけるようなサポートがしたいと、小学校受験専門カウンセラーとして起業。 丁寧なカウンセリングと、合格への実践ノウハウの提供により、親と子の受験ストレスを軽減し、多くの親子を志望校合格へと導く。 特に、芸能オーディションさながらの超高倍率の難関私立小学校の入学願書作成では、オリジナルの文章作成コンテンツ「キラリと光る」魅力が伝わる願書作成サポートで数々の合格実績を持つ。 こうした自身の起業経験から、起業には「文章」「発信」が最重要と気づき「ブログ」を中心としたソーシャルネットワークを使った「集客」の研究、実践を始める。 発信力を強化するため、ブログ代行の委託を受け、全く違う業種のブログをゼロから作り、最盛期には7つの違った業種のブログを代行。 その全てで売り上げアップに貢献する。 現在は、ブログ、メルマガの文章「セールスライティング」全般にサポートに力を入れており、顧客からは「売り込まれていないのに、自然に買いたくなる・読んでいると買ってしまう文章が学べる!」との喜びの声が多数寄せられている。 今後は、さらに多くの起業家が、自分らしくビジネスを成功させ、人生を豊かにしていくために必要なコンテンツを日夜、開発中。

「はじめての起業や集客の準備、

いったい、何を、どんな風に、どんな順番ですればいいの?」

情報がありすぎでかえって混乱してしまっている、ひとり女性起業家さんへ。

 


あれこれ試してみたけど、結局、あまり集客できるようになってないとお困りではありませんか?

\無料メールレッスン/

ひとりビジネスを「ゼロから1へ」軌道にのせる!

はじめての起業と集客の基礎のキソ14

パソコンが苦手でも、むずかしいことを言われるとフリーズしちゃうあなたでも、わかりやすくて簡単に学べます。

\14日間かけてお届けする内容はこちら/

 

ステップ1

ブレないためのミッションとヴィジョンを決めよう!
 

ステップ2

WEBからお客様がくるしくみの全貌を解明
 

ステップ3

あなたの理想のお客様とオンリーワンのマーケットを見つけ方
 

ステップ4

必ず売れる「高額サービスの企画のしかた」
 

ステップ5

お客様に満足していただける、クオリティの高い「高額サービスの中身の作り方」
 

ステップ6

付加価値が高まる「高額サービスのスライド資料の作り方」
 

ステップ7

高額サービスにつながる「体験サービスの企画のしかた」
 

ステップ8

クロージングしやすくなる「体験サービスのスライド資料の作り方」
 

ステップ9

信頼される「プロフィールの書き方」
 

ステップ10

一瞬でお申し込みにつながる「告知文のキャッチコピーの作り方」
 

ステップ11

共感、信頼、憧れでお申し込みされる「告知文の本文の書き方」
 

ステップ12

登録がどんどん増える「ステップメールの企画」
 

ステップ13

共感、信頼、憧れが高まる「ステップメール本文の書き方」
 

ステップ14

アクセスアップして、見込みのお客様が集まる「ブログ記事の書き方」

bottom of page