top of page
  • chikahoshino320

書ける!書きたい!インスタ投稿が、刺さるとは限らない



こんにちは 星野千加です。






先日、個別コンサルのクライアントさんと、インスタの投稿内容やインサイトの振り返りをしていました。



「Aさんが、インスタを通して、たくさん集まってほしいお客様って、どんな方たちですか?」



と尋ねると、Aさんは具体的なお客様の背景やニーズを、数人ピックアップしてお話ししてくださいました。



私「え?ということは、今月、インスタで発信した内容は、きていただきたいお客様と完全にズレてませんか?!」



Aさん「ホントですね!!!」



こんなやりとりをしたのでした。



実は、



・書ける内容

・書きたい内容



が必ずしも、お客様に刺さる投稿になっていないことがあります。



書ける、書きたいは、じぶん視点が強くなりがちなんですよね。



集客のためにインスタ投稿するのなら、



・お客様が知りたい内容

・お客様が読みたい内容



を投稿していかないと、「すれ違い」が起きてしまうのです。



がんばって発信しているのに、お客様からのお申し込みにつながっていない時は、この「すれ違い」が必ず起きています。



投稿内容だけでなく、



・コンセプト

・キャッチコピー

・プロフィール文

・肩書き

・プロフィール写真

・投稿のデザイン

・リンク



など、すべてにおいて、じぶん視点になっている時もあります。



インスタ発信の本当の目的は、



ファンになっていただき、フォローやいいね、保存してもらう

ライブに参加してもらう

LINEの特典登録や、メルマガに登録してもらう

サービスを体験してもらう

サービスに申し込んでもらう



この一連の流れの起点になることですよね?



そもそも、1枚目で「すれ違い」が起きて、刺さっていなければ、スルーされます。



ラッキーにも投稿に目を止めてくださったとしても、最後まで読んで、しっかり誘導できなければ、お客様を逃してしまったことになります。



自分が書きやすいから、書けるから、書きたいからで、投稿内容を選んでしまうと、インスタ投稿のゴールどころか、入り口で失敗している可能性大ですよ!



個別コンサルの集客力アップコースでは、インスタに特化して、集客力強化のお手伝いもしています。



一人でやっていると、いつの間にか自分視点が強くなっていることに、気づかなかったりします。



どうせがんばるなら、お客様に刺さるインスタに育てていきませんか?



個別コンサルは、3月に募集再開しますので、ご興味がある方は詳細をご覧になってくださいね。





募集はメルマガから受付しますので、メルマガに登録してお待ちください。





閲覧数:19回0件のコメント

Comentarios


bottom of page