top of page
  • chikahoshino320

●理想のお客様設定のしかた


こんばんは 星野千加です。




キッチンでコーヒーを飲む女性


先日、個別コンサルのクラっていイアントさんと、

これから始められるビジネスの

理想のお客様設定をしていました。



ちなみに、

理想のお客様設定をする時の

「魔法の質問」があります。



質問1


・たとえ高額を払ってでも、

・今すぐに、

・あなたのサービスを受けて、

 解決しなくてはいけない悩みを

 持っている人はどんな人ですか?



質問2


・それはあなたができることですか?



質問3


・それはあなたがやりたいことですか?



質問を1→2→3と順番に問いかけながら、

あなたにとって、本当に理想のお客様を

決めていくんですね。



3つの問いのどこかでNGがでたら、

最初からやり直しです。



たとえば、あなたができるし、

やりたいことだけど、

その人たちは高額を払ってでも解決したいとは

思ってないなと気づいたら、

問い1がクリアしていませんよね?



反対に、そのお客様は

お金をいくら払ってでも解決したい

悩みを持っているけど、

その悩みをあなたが解決できない、

または、やりたくないとしたら、

問い2と3がクリアしていません。



必ず、3つの問いがすべてクリアする

お客様を見つけることが大事なんですね。



先ほどの個別コンサルのクライアントさんとも、

この3つの問いをグルグルしながら考えていました。



すると、クライアントさんがハッとされて、



「そういえば、Aさんも、Bさんも、Cさんも、

私が理想としているお客様でした!」



とおっしゃるのです。



私は10年、

ビジネスコンサルタントやっているのですが、

この3つの問いをやっていくと、

ほとんどの方が「過去の自分」のようなお客様に

来ていただきたいと思っていることに気づきます。



それもそのはず、過去の苦しみがあったから、

同じように悩む人の力になりたいと起業を

志している方がほとんどだからです。



そして早い方は、過去の自分のような方が

すでに周りに集まり始めていて、

何かしらの助けを求められていたりするんですよね。



クライアントさんの「ハッ」とするこの感覚、

これって、波長や波動が共鳴してるってことに

気づいた瞬間だと思います。



波動が合うお客様とのセッションは、

とても楽しいです。



まるで、自分の成長を見ているようだし、

さらに、自分自身も成長できるからです。



時には、嫌な部分の自分を映し出されて、

苦しい時もあるかもしれませんけどね^^;



ノウハウやセオリーを使って、

ビジネスコンサルをしていきますが、

突き詰めていくと、ビジネスは、

ただただ、エネルギーの交流なんだな〜と感じます。



もし、今、セッションしていて

苦しいなと感じるお客様が集まっているとしたら、

あなた自身の波動や波長に合っていないお客様を

呼び集めているかもしれません。



それは、コンセプトやキャッチコピー、

サービス内容があなたと合っていないのかもしれません。



また、お客様が思ったように集まらない時は、

あなた自身の波動が低迷したり、

混乱を起こしているのかもしれませんね。



個別コンサルは3月より募集再開します。



ご興味がある方は詳細をご覧になってみてくださいね。





個別コンサルの募集はメルマガから受け付けますので、

メルマガに登録してお待ちくださいね。






閲覧数:39回0件のコメント

Comments


bottom of page