top of page
  • chikahoshino320

●エンゲージメントが低いからと、発信を止めてはいけない理由


こんにちは 星野千加です。




ソファで本を読む女性


よくね、むっつりスケベっていうじゃないですか?



私、どちらかというと、むっつりだと思うんですよ。



スケベじゃなくて、むっつりオタク。



千加さん、急になんのカミングアウト?!って思ったかも知れませんね。



私、本当に大好きなものは、こっそり、むっつり楽しむのが好きなんです♪



最近でいうと、ある漫才コンビにメチャクチャはまっておりまして、私が、彼らの漫才ができるんじゃないかというくらい動画を何度も観ております。



またまた、偶然手に取った本が、ものすごく共感することばかりで、その方の本を片っ端から買い集めたりとか。



著者さんのツイッターやインスタグラム、ブログ、メルマガなどなど、メディアというメディアを追いかけまくって過去の過去の過去まで遡って読みあさるというオタクぶり。



でも、フォロー、いいね、コメントはしません。



こっそり、むっつり楽しんでいます(笑)



そんな自分を分析していたら、意外と、熱烈なファンの人は、こっそり、ムッツリ、メディアを見ているのかもしれないと思いました。



今は、メディアを通して、フォロー、いいね、コメントをすれば、たとえ芸能人だって、自分の存在を知らせることができる時代です。



でも、私みたいに、自分の存在をしらせないで、こっそり追いかけている人もたくさんいるのでは?



いやいや、そちらの数の方が断然多いのでは?!と思うのですね。



だから、何が言いたいかというと、



いいねやフォロー、コメントなどのエンゲージメントが低いからと、発信を止めてはいけない



ってことです。



むしろ、沈黙のその先には、たくさんのムッツリさん達あなたを見ているかもしれないということを言いたかったのでした。



私が好きな漫才コンビは、ツイッターもインスタグラムもやっています。



でも、ほとんど更新してくれないの(涙)



たまに更新してくれた!と思ったら、



「明日、●時から、◆◆テレビの番組に出演します!観てください!」



と番宣ばっかりなんです(/ _ ; )



さみしいよ〜、もっといろいろ投稿してよ〜



ってファンとしては思うんですね。



あなたも、自分のメディアで番宣ばっかりしてませんか?



ファンの気持ちになってみると、まずは、発信を絶やさないってとっても大切なことだな〜って わかりますよね。



そして、喜んでもらえる発信をし続けるって、何よりのサービスだと思いませんか?



むっつりさん達が、「うひゃひゃ♪」って喜ぶ、発信をどんどんしてくださいね^^



個別コンサルでは、いいね、フォロー、コメントなどのエンゲージメントもさることながら、お申し込みにつながるコンバージョンをしっかりアップさせる発信のしかたをサポートしています。



せっかく、がんばって発信するのですから、しっかり成果に結びつくような投稿にしていきましょうね。




14日間無料メールレッスン ひとりビジネスをエレガントに軌道に乗せる! はじめての起業と集客でやるべき14の準備


無料メールレッスンにご登録いただくと、


無料PDFテキスト


アクセスアップする!

見込みのお客様が増える!

メルマガ登録が増える!

お申し込みが増える!

時短で書ける!


売れるブログ&メルマガ文章の書き方テンプレート


をプレゼントしています。



ひとりビジネスをエレガントに軌道にのせる はじめての起業と集客でやるべき14のレッスン


閲覧数:14回0件のコメント

Comentarios


bottom of page